セルフで頑張っていましたが、サロンに通ったらすごく楽チンです

ムダ毛の処理っていつから始めましたか?私が初めて毛を剃ったのは中学1年生のときでした。それまでは生えている毛について周りに何も言われなかったし、親にも言われなかったので処理なんて考えたこともありませんでした。

今の女の子は身だしなみを気にして小学生のときから始めていると言います。きっかけは、周囲の気になる一言にあります。授業のプールで、すね毛が濃いとか背中の毛が濃いと指摘されて恥ずかしい思いをしたそうです。

実は私が始めたのも、クラスの1人の男の子に毛のことをからかわれたからです。顔の近くをじろじろ見て、なんか毛がたくさん生えてる~!って言われました。その毛とは産毛のことです。

鏡に顔を近づけて見ないと目立たないほどの産毛をまさか指摘されるなんて思っていなかったのでショックでした。でも、一度も手入れを教えてもらっていないから、カミソリを使った処理がうまく行きません。何も付けずに剃ってチクチクしたり、力加減が分からず傷つけてしまいました。

顔の産毛の処理は、失敗すると色素沈着やシミができることがあるようです。私はセーフでした。下手に手を出せる個所ではないし、頻繁にやると皮膚が固くなるそうなので気を付けなければいけません。

濃いムダ毛の自己処理に格闘

ムダ毛が濃い私は、思春期から自己処理で何とかムダが目立たなくならないか、格闘する日々が続いていました。初めての自己処理はカミソリで剃ることから。しかし、ムダ毛が濃いので次の日にはすでにチクチク状態。それから脱色してみました。

毛が金色になるので目立たなくなりますが、すぐ色が取れてしまい、中学生だった自分には頻繁に脱色剤を買うお金もなかったので、またカミソリで剃るようになりました。それからは、毛抜きで脱いでみたりしていました。

でも、肌がポツポツなるし赤くなるしで汚い感じになって、タンクトップなんてとてもじゃないけど着れる肌ではありませんでした。除毛剤を使ってみた時は、肌荒れしてヒリヒリして、ひどい時はかさぶたみたいになってしまったことも。一時、CM なんかでも話題になっていた、ヤーマンのno-no ヘアーという家庭でできる脱毛機を買って試してみたことも。

効果があったのかは…なんとも言えませんが。はたまた、ムダ毛が目立たなくなるという豆乳ローションを使ってみたり。ムダ毛対策に一体いくら費やしたのかと思うくらい自己処理頑張ってました!

肌が明るくなります

ムダ毛の処理に使う時間は多くて何年も悩んでいました。剃ったり抜いたりしていると肌にも悪く、処理した後は赤くなっていました。脇毛は5年以上抜き続けているので肌は鳥肌のようになっています。

剃るだけにすると夕方にはごま塩のように生えてくるので、この無駄な時間とストレスから開放されたいと思い、思い切って全身脱毛を契約しました。12回コースで2ヶ月に一度ぐらいのペースで通いました。

初めはピリっと痛かったのですが、回数を重ねるごとに痛みもなくなり、毛も薄くなってくるので行くのが楽しみになってきました。今までは着れなかったノースリーブなども気にせず着れるようになりました。

12回終わった頃には、毛もほとんど無くなり、あっても産毛ぐらいでした。ムダ毛がなくなると肌の色も明るくなってきたのか、周りからも肌が綺麗になったねって言われて脱毛して良かったと思っています。ムダ毛に振り回される事がなくなって肌も明るくなって、もっと早くやっておけばよかったと思いました。

口周りの脱毛、本当に綺麗になる?

最近、顔の毛も気になってきています。特に口周りの産毛です。女子なのに、産毛というより、もはや「立派なヒゲ」化してしまっています。中学生の頃に、何気なく友達に指摘された鼻の下の産毛。

以来それがプチトラウマになり、必死にカミソリで剃っていました。しっかりした処理の仕方も知らず、肌を傷付けていたと思います。毛抜きで抜いたり、電動カミソリを使ってみたりしたけど、処理して3日程経つとまだすぐ生えてきます。

人と話している時も、自分の産毛見られてないかななんて緊張してしまいます。コンシーラーやファンデーションで隠しきれなくなってきたので、皮膚科クリニックの先生に相談したら、「ああ、これはやった方が良いね」なんて軽く言われてしまいました。

同じ口周りの脱毛を経験している友人は、逆に前より濃くなったと言っていました…。人によるのでしょうか?でも、やっぱりこの濃いヒゲとおさらばしたい!口の周りがつるんとしたらどんなに自信がでることでしょう。未だに日々、悩んでいる問題です。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛とは

脱毛サロンで行われる脱毛の主流は、特殊な光を用いたフラッシュ脱毛と呼ばれるものです。この光はメラニン素にのみ反応するという特質を持っています。そのためこの色素を持っているムダ毛にのみ効果があり、肌を傷めることなく脱毛することができます。しかしこの光は毛根を死滅させることはできません。そのため永久脱毛は不可能です。

それでも毛根に大きなダメージを与えることができるために、一度フラッシュ脱毛を行った部位はしばらくムダ毛が生えてくることはありません。また生えてくるムダ毛は弱っている毛根によって作られたものですので、細くて弱々しいものです。そのため脱毛サロンで施術を受けた後、ムダ毛の処理は容易になります。

永久脱毛ができないからといって脱毛サロンでの施術は無駄であると考える人がいますが、今後のムダ毛の処理を簡単にしてくれるユースフルな脱毛法であることは確かです。特にムダ毛が薄い人には高い効果を発揮します。

デリケートゾーンの脱毛

今の時代、デリケートゾーンのムダ毛処理をすることが当たり前になってきましたね。そんなところまで?と思っていた私も実はコースに通ったことがあります。

毛量もふつう、自己処理をするときはハサミでカットする程度でしたが、大学時代には友達の中にはデリケートゾーンのムダ毛処理をしている人がいませんでした。結構私の中では衝撃的で、みんなそんな無法地帯にしているのかと驚いた記憶があります。

自己処理をすることも少し面倒くさくなってきたなか、4回3万円VIOコースというものを見つけて、物は試しで通ったことがあります。ワキの脱毛を同じく、2か月に1回通うものです。なので夏に間に合わせたいならば、その前の年の秋ごろからは始めておいた方が良いものなので結構計画的な脱毛プランです。

結果としては、通い終わって数年たった今では、通う以前との違いなんて忘れてしまっているので、結局は自己満足の世界だと思います。VIOラインなんて究極の自己満足です。

嬉しい一言

先日友人と会った際に、友人が半袖のブラウスから見える私の腕を見て「肌がめっちゃ綺麗だね」と言ってきました。友人からのその褒め言葉を聞いて、私は思わず嬉しくなりました。髪型を変えた時に、彼氏が気付いて褒めてくれた時と同じような喜びです。

肌を露出する夏に向けて、昨年の秋頃から脱毛サロンでのお手入れを始めました。脱毛クリームや毛抜きで地道に事故処理をしていましたが、仕事で忙しいとなかなか肌の手入れに時間を費やす余裕もなく、困っていた時に友人からの勧めでサロンに通うことしました。

まだ通って1年未満ですが、元々が濃ゆくて毛深い方だったのが、今ではムダ毛の太さが細くなり、量も少しずつ減ってきており十分な効果を感じています。昨年と比べたら、肌を露出するのに抵抗がなくなってきて、少しずつ自分の肌に自身を持てるようになってきました。

私の肌を見た友人も、私の話を聞いて脱毛サロンでの脱毛に興味を持ったようで通うことにしたそうです。
今年の夏休みは一緒に海に行く約束をしているので、今からとても楽しみです。

脱毛サロン選びの失敗談

脱毛サロンの選び方は、脱毛に関心があるほとんどの人にとって、気になる問題であると思います。これから脱毛をしようと考えている人が、脱毛サロン選びに失敗しないよう、失敗談を紹介したいと思います。

まず最初の失敗は、サロンを選ぶ際に値段の安いところばかりを比較するということです。値段が高いからと言って効果が高いとも限りませんが、値段の違いにはそれなりの理由があるはずです。設備の良さ、機械の新しさなど、値段の異なるサロンを比較して、自分の懐具合と相談してみましょう。

次の失敗は、初めて行くサロンで、体験をせずに高額のコースの契約をしてしまうということです。施術の効果が少なかった関わらず、もうお金を払ってしまったからと通い続ける人を見かけます。

もちろん、途中での解約が可能な場合もありますが、解約をしたという話はなかなか耳にしないのが現状です。時間とお金を無駄にしないためにも、体験で効果を実感してからの契約がオススメです。脱毛サロン選びにこれらの失敗談が役立てば幸いです。

光エステでムダ毛処理

昔は自宅で脱毛器を使って処理をしていました。マメな性格ではないため、気が向いた時のみ使用していますが、徐々にではありますが明らかに毛が薄く生えにくくなっている事が実感できます。

カミソリで剃ると、また毛が伸びてきた時にチクチクとした肌触りになるし、脱毛クリームを使用した際は、肌がかぶれて赤い発疹が出てしまいました。

敏感肌でもあるため、肌のケアがとても大変です。ちがう脱毛器を使用しても、毛が抜けた後の毛穴がヒリヒリと痛み、汗をかくとしみてしまいます。そうした事から、ムダ毛処理は面倒である上に、痛みや不快感を伴うため、自分に合う方法はないものかと模索していたところ、たまたま電気屋で目にした光エステを手にしました。

毛が気になる場所に光をあてるだけで、徐々に毛が薄くなっていきます。少し熱を感じますが、痛みは全くなく、処理後のケアも特に何もしていません。一週間から二週間おきに行えばいいので、とても楽で短時間で済むのでオススメです。
しかし私は元々毛の量も多く、濃いためそれだけだとかなり時間がかかります。なのでプロの脱毛サロンに通いながらお気に入りの脱毛器を使用しています。

男性の脱毛問題について

近年、脱毛が気軽にできる環境にあり、男性が脱毛することに対し世間は賛否両論があると思います。脱毛サロンはもちろんですが、家で自分で脱毛できるようにもなってきています。

この時代の変化によって、女性はもちろん男性中にも脱毛する人が増えてきてるのです。そのような男性たちはなぜ脱毛をするのか、大きな理由は女性からの目線であるといえます。

多くの女性は男性のすね毛や脇毛に対して不快感を抱く事が多いようです。そういった女性の意見を聞いた男性たちは脱毛しようか考えるそうです。そして脱毛した男性の女性受けは比較的に良い。

しかしながら、同性の男性からの受けはあまり良くないです。男性の多くは脱毛は女性のすることであって、脱毛している男性は女々しと言う意見が多いのです。

このように男性の脱毛に対しての意見は性別によって大きく分けられます。もちろん女性の中にも反対の人がいれば、男性の中には賛成の人もいると思います。

コンプレックスが消えた

中学生時代から足のムダ毛が気になっており、カミソリで手入れをする毎日でした。とは言っても思春期だったため、周りが手入れしているから自分もしようかな程度の生え具合でした。

しかし、高校を卒業するころには生えるスピードが尋常ではありませんでした。はじめは2週間に1度程度だったのに、その頃には⒉日に1回。20歳を過ぎるころには手入れした直後にもうチクチクが気になってしまうレベルに達していました。

しかも中学時代は細長かった毛が、その頃には男性並みに太く立派に生えてしまっていたのです。これではスカートやハーフパンツなんて履くことができません。脱毛サロンで永久脱毛をするしかこのコンプレックスを解消する術はないと思いました。しかしそこで躊躇することがありました。

以前、友人との付き合いで脱毛の体験に行った際、勧誘のしつこさで辟易していた思い出があったのです。1月4000円くらいなら大丈夫でしょ?というようなローンの申し込みまでさせられそうになりました。なんとか断ることができたのですが、基本的にイエスマンの正確な自分には苦行であります。

とはいえこの剛毛とはおさらばしたかったため、ネットで勧誘を一切行わないというサロンを見つけ6回のコースを組み施術をしていただきました。初めの2回は効果はわかりませんでしたが、3回目には生えるスピードが遅くなり、6回目にはすっかり薄くなっていました。

更にコースを追加し、12回目にはほとんど生えることはなくなりました。もっと早くしていればよかったと思います。手入れにかけていた時間もコンプレックスもなくなって本当によかったです。